読書メモ:日本は世界4位の海洋大国

日本は世界4位の海洋大国という本を読みました。

図書館で、タイトルに惹かれて借りてみた本です。

日本は小さな国というイメージなので、それが世界4位とはどういうことかなというところに興味を持ちました。

確かに、国自体は海で囲まれているけどそれほど大きくないだろう、というのが僕の日本のイメージでした。しかし、領域内の水深6000mにもなる日本海溝などの海水量などを考慮すると、日本は世界で4位の海洋大国になる、ということでした。

この本は、2010年第一刷の本なので、レアメタルについて細かく書かれていたのですが、最近はあまり話題にならなくなりましたね。一時期は、中国がレアメタルを輸出しなくて高騰しているなんて話もありましたが。最近は技術力の進歩であまりレアメタルを使わなくてもよくなったと聞いたことがあります。

最近は宇宙開発のニュースも多いですが、海洋開発も興味深いところがたくさんあることがわかって面白かったです。個人的には、「9時5時で年収1000万円の漁師」という内容が面白かったですw

毎日定時帰りで年収1000万円だったら、あと数年働いたらセミリタイアできそうな気がする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする