読書メモ:統計学が最強の学問である

図書館で、「統計学が最強の学問である」という本を借りてきて読みました。

 断言してもいい。もしあなたの会社に十分なデータがあるのであれば、データを分析せずに勘と経験だけに基づく議論を重ねるのはムダだ。そして、大抵の場合は、会議参加者の人件費の分だけお金もムダだ。日本の多くの会社は、時給800円でアルバイトする若者が仕事をサボることは叱るくせに、時給換算でその何倍もの人件費を支払われている人間が会議で不毛な時間を過ごすことに対しては思いのほか無頓着である。

この著者は、ウチの会社を知っているのか?と思ってしまった。本当にムダな会議が多いです。「会議で話し合って決めた」という言い訳を残すためだけのような感じなんです。

そして、その会議用の資料を違法残業で必死になって作り込まされる。アホらしい。

まあ、僕の会社のことは置いておいて、統計学についていろいろなパターンの分析手法がすごくわかりやすく書かれた本でした。人間ってどうしても、勘に頼って判断してしまうことが多いので勉強になった。統計学は、仕事で業績をあげるためだけでなくて、経済的な面でより良い人生を送るためにもなると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする