ニュー・シネマ・パラダイス

以前に「キネマの神様」という小説を読んだ。

あちらこちらで借金を作ってくるダメな父親が、映画で奇跡を起こしていく話です。

とても面白かったので、その小説の中に出てきた「ニュー・シネマ・パラダイス」という映画がずっと気になっていた。

淡々を物語が進んでいくのだけど、途中何度もだれてしまい、見終わるのに数日かかってしまった。

ラストは良い感じで終わる。良い映画でした。

1988年の映画なんですね。

「キネマの神様」を読むまで、全然知らなかった。

少し気になったのは、主人公トトの初恋の相手とのくだり。

初恋の相手エレナに告白して、断られる。

それで「君が振り向くまで毎日家の前で待つよ」みたいな感じで、

家の前で、何日も待つなんて、女性からみたら気味が悪いんじゃないかなぁ。

物語では、恋は成就して主人公とエレナは恋に落ちるんだけど、今どきそんなことをしたらストーカーで捕まるんじゃないだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする