ひとりで遊んでいるほうが楽しいと感じる

こんばんは、海老蓮根です。

僕は結婚していて、妻も子どももいます。妻や子どもがいて「良かったな」と思うことも多いです。

でも、ときどき「ひとりのほうがいいな」って思うこともあるんですよね。

結婚するしない、子どもがいるいないというのはそれぞれ一長一短で、どちらが正解というのはないんですけどね。

自虐芸人ヒロシさんのこんな記事がありました。

「ひとりがいいです」~ヒロシが語るソロキャンプ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00010002-yomonline-life

ヒロシさんは、ソロキャンプに良く行っているそうで、その魅力について語られていました。ソロキャンプ仲間といくソロキャンプってのもあるんですね、知らなかった。

 ――でも、ソロキャンプを一緒にする仲間がいるとか。
「矛盾してると思われるかもしれませんけど、それぞれが自由なんですよ。別のもの食べますし、それぞれでたき火もやりますし、自分の使いたい道具を使って好きなスタイルでやる。がけから落ちようとしたら助けますけど、基本、自己責任ですよねっていう。着いて寝る人もいるし、すぐ料理を始める人もいるし。行くのも帰るのも別々です。ひとりの魅力はたんのうできて、プラス、同じ趣味の仲間が集まると刺激があります。話してて楽しいし、話すのに疲れたら寝りゃいいんですし」

日本一有名なニートphaさんが言っているような、シェアハウスでのゆるーいつながりみたいだなと思って読んでいました。いっしょにいたいときだけ、一緒にいて、ひとりになりたいときは一人になるというつながりって気楽でいいですよね。

家族のつながりだと一人でいたいときでも、一緒にいないといけないみたいこともあるんですよね。

 「サラリーマンの人たちは僕なんかより、ひとりになりたいっていう欲求が強い人が多いんじゃないかなと思います。人には迷惑かけちゃいけませんけど、その中で、いかに自分の好きなことをするか。わくわくして、ストレスなく。そのほうがよくない?って思います。人に『こうしなさい』って言われた結果、なんでおれこんなになってんのっていうのが一番いやなんで。自分で選びたい。自分の人生ですもん」

僕も今の仕事が辛い状況なので、よく自分の人生について考えます。自分の生きたいようにいきたいなって。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする