町内会の決算書をスプレッドシートで作った

実家の母からSOS連絡がありました。

何でも、今年度町内会の会計役にあたっているそうで、決算書を作らないといけないらしいのですが、母はパソコンが使えません。というか持っていない。

スマホのアプリを使うという手もありますが、母がそんなことできるわけありません。ツムツムというスマホゲームは毎日やっているようですがw

話だけ聞いていても、どれほどの内容のものかわからないので、資料を写メで取ってLINEで送ってもらいました。

帳簿は手書きですが、綺麗に書かれているし、よくよく聞いてみると、町内会の通帳に記載されている数字を写して、適用を書いているだけらしい。その都度の領収書等もちゃんとファイリングもしてあるとのことでした。

帳簿に書いてあるのは、田舎の町内会ですので入出金は30件分ほど。前年度の決算書もあったので、見てみると簡単にできそうです。

仕方がないのが母の代わりにスプレッドシートを使って、作ってあげることにしました。

作ってみると30分もかからずに出来ました。

2018町内会の帳簿

まずは、帳簿のデータ入力。で、右端に決算書にあった科目を入力しておきました。

使用した関数は、SUMIF関数です。これってむっちゃ便利ですね。

SUMIF関数で決算書

帳簿のデータから、科目名毎の合計を自動で引っ張ってきてくれます。

町内会程度ですので、ややこしい勘定科目もないので助かります。

母の送ってきた写メのデータに、科目名を追加すれば、簡単に決算書を作ることができました。

町内会平成30年度決算報告

まだ、2月に入ったばかりで、年度末までは2ヶ月近くあります。今後も入出金がありますが、帳簿のシートにデータを追加で記入すれが、決算書に反映されるようになっています。

とりあえず現時点での決算書をLINEで送ってあげたら、母は大喜びでした。いやー、自分で言うのも何ですが孝行息子ですねw

3月中頃には、帳簿を〆て、町内会の総会で決算書の承認をするそうなので、また写真を送ってもらって決算書を仕上げる予定です。もうフォーマットが出来上がっているので、あとは簡単なんです。

できた決算報告書は、ネットプリントを使って母親に印刷させようと思っています。

USBメモリでうんたらかんたら、と説明したのですが、母親にはどうもわかっていないようでしたので。

セブンイレブンで、ユーザー登録なしでもネットプリントできるので、大阪でPDFファイルを作って、ネットプリントにデータを送ります。

母親には近くのセブンイレブンに行かせて、母のLINEにパスワードを送信してという感じで印刷できそうです。

たぶん、電話で話ながらになると思います。「マルチコピー機のところに行って、お金を入れて、プリントというボタンを押して・・・、LINEに送った暗証番号を入れて・・・」みたいな感じかな。

場所が、銀行とかだったら、絶対にオレオレ詐欺と間違えられてしまいますねw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする