chromebookでカタカナ変換はショートカットキーを使うのがいい

こんばんは、海老蓮根です。

1年くらい前にchromebookを購入してから、使いやすさに魅せられています。

メイン機としてwindowsもあるのですが、ほとんどchromebookで事足りてしまいますので、あまり使わなくなってきました。

ところで、僕はこれまで文字をカタカナに変換するときには、これまでは【無変換】キーを使っていました。

【無変換】キーは、入力したひらがなを、全角カタカナ→半角カタカナと変換させるキーなんです。

無変換キー

ところが、僕が使っているchromebookには【無変換】キーがありません。

当然、スペースキーで文字を変換するわけですが、カタカナ1文字とかだと、なかなか出てこなくてイライラします。予測変換で出したい字がすぐに出てくる時はいいんですけどね。

例えば、「カ」だけを出したい場合は、「カタカナ」と入力してから【backspace】キーで調整したりしていたんですけど、便利なショートカットキーがあることに気づきました。

【検索】キーを押しながら【7】 → カタカナ変換
【検索】キーを押しながら【8】 → 半角カナ変換

これでwindowsでいうところの【F7】と【F8】の代わりになるんですね。

もっと早くに気付けば良かったんですけど、これまでカタカナの変換は【無変換】キーを使うクセが染み込んでいたせいでなかなか気付きませんでした。

(追記 2019.2.12)

僕は間違っていました。 以前、chromebookのカタカナ変換について、知ったかぶりな記事を書いたことがあります。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする