ゲゲゲの女房 第1〜6話の感想

先日から、アマゾンプライムで「ゲゲゲの女房」を少しずつみています。

最近、アマゾンプライムで「ゲゲゲの女房」を見ています。1話あたり15分ほどのお話なので、合間の時間にちょうどいい。毎日少しずつ1、2話ずつ見...

第1〜6話の感想

良く出てくる印象的なセリフ

「目には見えないけど、ちゃんとある…」

あらすじは、布美枝の子供時代が中心。水木しげるは全然出てこなくて、1話目に少しだけ妖怪が出てきた。後は布美枝のお姉さん見合い話が中心。

主人公の布美枝が内気だけど、芯が強いみたいなところを印象づけるようなストーリーですね。正直なところ、この辺りの話はあんまり面白くはなかった。

僕は水木しげるのエピソードを楽しみにして見ているところがあるから仕方がないのかも。おそらくこの辺りの話は、今後の伏線にもなってくるだろうから我慢して見ていました。

まあ、主人公は布美枝ですからね。

ぼちぼち続きを見ていこうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする