ゲゲゲの女房 第55〜72話の感想

ゲゲゲの女房 アマゾンプライム

ゲゲゲの女房 第55〜72話の感想

あらすじ

水木夫妻にこどもが産まれる。傑作で売れると思っていた「悪魔くん」もさっぱり売れず、生活は一向に楽にならずに電気を止められたりする。

僕も子供が産まれたばかりの頃に、勤めていた会社の業績が思いっきり悪くなってボーナスカットなんかで、年収が200万円くらい減ったことがあったんです。あの時は、本当に辛かった。仕事は頑張らざるを得ない状況なのですが、頑張ったところで給料が増えるわけでもない。上からもメチャクチャなことを言われるし。

だけど、家族もいるから逃げることもできず・・・。

何をやっても、先が見えない状況ってしんどいんですよね。

そんな状況のときに、水木しげるはお金もないのに連合艦隊のプラモデルを買ってきて、夢中いなって作り始める。この気持ちわかります。僕もしんどくなってくると、他にやらないといけないこともあるんですけど、ゲームを数時間やったりします。

すっごい辛かったときって、何をやってもダメな気がしてどうしていいのかもわからなくなって絶望的気持ちになります。けれど、時間が経てばと意外と何とかなったりします。今、元気に生きていますから。

そのうち何とかなるっていう気持ちを持つことって大事だよなぁ、と思いながら見てました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする