高級店を覗いてみて、経営者は大変だなと思った

こんばんは、海老蓮根です。

ちょっと用事があって、梅田にいったときのこと。少し時間が空いたので阪急メンズ館に入ってみました。高級アパレルショップがたくさん入っているビルです。

2、3店入って、値札を見てビックリです。

靴が11万円と、セーターが8万円とか・・・。最初は桁を見間違えたのかと思いました。1万円以上の服を買うことなんてないものですからw

普段はスーツもイオンで上下8000円ぐらいのを買っているので、もう信じられない値段です。

でも、その時思いましたね。こういう高級アパレルショップの経営者は大変だなって。

買い物というのは、相手が納得いかないと買うことなんてないのですから。高い値段の商品を買ってもらう営業努力をしていかないと潰れてしまうんですからね。こんな一等地なら、家賃も相当なものでしょう。

経営者に搾取されているというようなことを言う人も多いですけど、本当に搾取されているんでしょうか。僕みたいな人は何を言われても、絶対に阪急メンズ館に入っているような高級アパレルショップで買い物することはないでしょうから、搾取されようがないと思います。

経営者って本当に大変だよなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする