GASのコンテンツアシストが出なくて焦る

google apps script は略してGASといいます。

読み方は「ガス」と読むそうです。

エディタも、スプレッドシートから簡単に開くことができました。

スプレッドシートを開いて【ツール】→【スクリプトエディタ】で開けます。

Excelのマクロみたいな感じですね。

スプレッドシートの画像

GASの入力画面

Chromebookを使っている人はコンテンツアシストを開くときは長押しする。

早速、本を読みながら保存方法やスクリプトの実行方法とか、基本的な操作方法を確認していったのですが、いきなりつまずいてしまったのでメモを残しておく。

GASには、コンテンツアシストという入力支援機能があると書いてあって、【Ctrl】+【スペースキー】でリストが表示されるようになっています。

・・・と、いうことが書いてあったんだけど、【Ctrl】+【スペースキー】を押してもリストが出てこない。

僕はChromebookを使っているんですけど、Chromebookは「英数」と「日本語」モードに切り替えに 【Ctrl】+【スペースキー】を使うですよね。

そのせいか、【Ctrl】+【スペースキー】を押しても、「英数」と「日本語」モードが切り替わるだけで、コンテンツアシストが開かれない。

それでも何回も試していたら、コンテンツアシストが出てきた!

コマンドアシスタント

しばらくやってみると、コツがわかってきました。

どうやら、【Ctrl】+【スペースキー】を長押しすると良いみたいです。

Windows PCなら問題ない

後日、Windows パソコンでGASを勉強していたら、【Ctrl】+【スペースキー】を押すとすぐにコンテンツアシストが出てきました。

Chromebookは「英数」と「日本語」モードに切り替えと同じ操作なので、すぐにコンテンツアシストが表示されなかったようです。

Chromebook を使っている方は覚えておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする