読書メモ:「成功者K」を読んだ

こんばんは、海老蓮根です。

図書館で羽田圭介さんの小説「成功者K」を借りてきた読みました。

初めて羽田圭介さんをテレビで見たときは、デーモン閣下の格好をしているときでした。僕も聖飢魔IIが好きだったので、親近感を覚えました。

関係ないですけど、僕は聖飢魔IIの「有害」というアルバムがお気に入りで今でもたまに聴いています。

あと、最近では僕の好きな路線バスの旅にも出演されているので、一度、小説も読んでみたいなと思っていたので、図書館で借りてきました。

割りと分厚い本でしたが、読みやすくて、最後まで一気に読めました。内容は、芥川賞を受賞した成功者Kのお話で、数々の女性との関係を持っていく内容がたくさん出てきます。フィクションなんですけど、まるで、羽田さん本人にそんなことがあったかのように書かれています。

読者が、テレビに出ている羽田圭介さんの姿を知っているという前提で書かれているのが、実験的で面白かったです。

ただ、後半部分は、主人公が現実の世界かどうかわからなくなってくる感じになるだけど、最後あたりが、ちょっと消化不良気味な感じでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする