スプレッドシートでセルを右方向に動かしたいならtabキーを使う

僕がエクセルを使うときに必ず設定していたのが、Enterキーを押したときにセルが移動する方向です。

エクセルのデフォルトの設定では、Enterキーを押して移動する方向は下になっているんですよね。ところが、エクセルでデータを入力するとき、データは横方向に入力していく場合が多い。大体、日付を入れて、顧客ID、氏名、購入履歴みたいな感じで。

だから、入力をしてEnterキーを押した後は、絶対に右に動いて欲しいんですよね。

エクセルの場合、「ファイル」→「オプション」→「詳細設定」→「Enterキーを押したら、セルを移動する」→方向を変更する、で設定をすることができます。

エクセル Enterキーを押した後の移動設定

こんな風に自宅と会社のパソコンも必ずエクセルの設定を変更していました。

スプレッドシートの場合には、EnterキーではなくてTabキーを押して、アクティブセルを右方向に移動させる

会社では相変わらずエクセルを使っているのですが、chromebookを愛用するようになり、自宅ではスプレッドシートを使うことが多くなってきました。

スプレッドシートはセルにデータを入力して、バシーッとEnterキーを押すとアクティブセルは下に移動してしまいます。

Enterキーを押すとアクティブセルが下方向に移動する

これを、エクセルで設定したように右方向に移動するようにできないかといろいろと調べてみたところ、どうやらスプレッドシートにはそのような設定は無いということがわかりました。

じゃあ、諦めるしかないね…と、いやいやそんなことはありません。

スプレッドシートの場合は、Enterキーを押すのではなく、Tabキーを押せばアクティブセルが右方向に移動します。

Tabキーを押すとアクティブセルが右方向に移動する

スプレッドシートの場合は…と書いたけど、実はエクセルもTabキーを押せば、アクティブセルは右方向に移動します。ずっと「入力をしたらEnterキーを押す」というクセがついてしまっていたので、今回調べてみるまで知りませんでしたw

まとめ

これまでセルに入力をしたらEnterキーを押すというクセがついてしまっていたので、なかなか慣れなかったのですが、徐々に自然とTabキーを押せるようになってきました。小さなことですけど、毎回下に移動してしまったアクティブセルを移動させるのって面倒なんですよね。

会社のパソコンに入っているエクセルも、デフォルトの下方向に移動するように設定を戻して、入力したらTabキーを押すというのに慣れるようにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする