セミリタイアするには不労所得は必要ないという衝撃的事実

こんばんは、海老蓮根です。

僕は、できるだけ早くサラリーマン生活とはオサラバしたいと考えています。別に「自分らしく生きたい」とか、そんなカッコイイものではなくて、ただ単に働くのが嫌いなんです。面倒。

働いている時間よりも、家で本を読んだり、ゲームをしていたほうが楽しいですし、何もせずにただゴロゴロしているだけでもいいです。そんな時間をできるだけたくさん過ごしたいと考えています。

そんなことを考えていたので、昔からよく「もし1億円あったら、金利が5%で年間500万。それだけあればもう働かなくていいな。」とかをよく考えていました。

最近は、億り人という言葉があるように、1億円の資産を手にする方も増えているようです。

でも!

実際には、1億という資産を手にするって難しいんですよね。我が家も少しずつ家計の見直しを進めているつもりではいますが、なかなかうまくいきません。

こんばんは、海老蓮根です。 僕には、妻と子どもがいます。 生活していくには、家族分の生活費が必要になってきます。セミリタ...

そんなときに出会ったのが、「新・高等遊民の備忘録 (https://yumin4.blogspot.com/)」というブログです。

この方は、40歳で会社員を辞めて、リタイア生活を満喫されています。ブログで書かれている高等遊民さんの物事に対する考え方は筋が通っていて、いつも感心させられます。

このブログでは、はっきりとセミリタイア生活に不労所得は必要ないと書かれています。

リタイアに「不労所得」は必要か?
世の中には「不労所得でリタイアしよう!」みたいな怪しい話がそこら中に転がっていて、リタイアするためには労働所得の代わりに「不労所得」というものを手に入れることが必須であるかのように思われているかもしれません。

しかし、リタイア後の生活費をすべて不労所得で賄う必要はありません。
資産の取り崩しで賄っても一向に構わないのです。むしろ、その方が有利です。

https://yumin4.blogspot.com/search?q=%E4%B8%8D%E5%8A%B4%E6%89%80%E5%BE%97

どうして、不労所得が必要ないのかということは、遊民さんのブログを読んでいただければわかるかと思います。

この記事を初めて読んだときは、目から鱗が落ちるという表現がピッタリでした。実際に税金のことなどを計算してみると、それほどセミリタイアするには多くの資金は必要ないということがわかりました。

その時に、自分のセミリタイアがぐっと近づいた気がしたんです。

それまで、セミリタイアするために必要だと思っていた金額が、ガクッと少なくなったのですから当然です。

あと、数年働けば本当にリタイアできるんじゃね?

ということが現実に考えられるようになった嬉しさはすごいものです。僕は家族もいるので、妻のことやこどもの将来のことという不確定要素があります。でも、その不確定要素があったとしても、大丈夫だなと考えられるようになりました。

セミリタイアを目指している方にはすでに有名なブログかもしれませんが、読まれたことがない方はぜひ一度読まれてみることをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする